ニートが社会復帰に挑戦 「人生の見直し編」

就職活動記

2020年の11月、気づけば今年も終わるなとか
来年の3月には、もう30歳だとか
そんな事を考えていると、何とも言えない感情が沸いてきた。

このままではいけない。そう感じた私は
一日中これからどうしようか、真剣に考えていた。

結果、10年間避けていた「就職活動」に
挑戦する事に決めました。

とはいえ、長期間逃げ続けた事なので
簡単にはいかなかった。

行動したいのに、悩んでばかりで
一歩も踏み出せない、自分にイラつきました。

このままだと、どうにもならないので
ひたすら紙に、どうすればいいかを考えて
書き続けました。

すると1つの結論が出ました。
それは「自分を変える」という事です。

まず自分を変える為にした事は、現状把握です。
今の自分がどういう状態かを、見つめ直す事にしました。

現状把握まとめ

①急激な体重増加

前回の記事にも書いたが、1年で15kg体重が増えました。
ここまで大幅に、短期間で増えた事が無く
体調は最悪だった。気持ちだけでなく、物理的に体が重い

②外出頻度

今までも、外出する方じゃなかったが
ここ1年は、本当に酷くて一度も外に出なかった

③アルコール摂取

1人暮らしの時は、辞めてたが
帰ってきてから、また飲み始めてしまった。

夜だけじゃなく、日中も飲んでいて
アル中一歩手前まで来ていた。

④容姿の崩壊

こんな生活を送っていたら、容姿もボロボロになる。
不気味な程の白い肌に、ニキビだらけの面
パンパンに膨らんだ顔、だらしなく垂れ下がった腹
ボーボーの髭、手入れされてない爪
あまりケアされてない歯。

自分で書いてて凹むくらい、当時の私は酷かった。

このままの状態で、就職活動をするのは難しいので
自身の改善から始めました。

以下実際に取り組んだ事です。(半年程試した結果)

生活習慣見直し(睡眠改善)

まずは不規則な生活を見直す所から、スタートです。
夜の12時(11時~12時)までに寝て、朝7時に起きるという
生活をするようにしました。

最初はなかなか、決まった時間に寝れなかったり
起きられなかったりと、上手くいかなかったが
ちょっとずつ、夜に寝て朝起きるという習慣が身についた。

寝る時間と起きる時間を、変えるにあたって大事な事は
少しずつ時間を変える事だと思いました。

大幅に変えようとすると、途中で寝てしまったり
目が覚めて、寝られないという事が起きるので
無理せずちょっとずつ、見直していきたいです。

・睡眠改善

この項目の目標は、以下のように設定しました。

睡眠時間の目標 評価
夜11時~朝7時 8時間睡眠が習慣化
夜12時~朝7時~7時半
7時間~7時間半睡眠が習慣化
7時間~8時間の睡眠がある程度習慣化
6時間以上の睡眠がある程度習慣化
6時間以下の睡眠・夜更かし等行う・昼夜逆転 ×

自己評価は×~△でした。
基本的に夜寝て、朝起きるのを心がけたが
寝つけない、つい夜更かしをしてしまう等
たるんだ部分が目立ったので
この項目は要改善かなと思います。

でも昔みたいに、昼夜逆転みたいな生活は無くなったので
良い方向には向かってると思う。

ジョギング(ランニング・ウォーキング有)

 

この項目は別記事で書いています。

生活習慣見直し(脱毛・肌の手入れ・歯磨き)

長期間ほったらかしにしていた、体もきちんと手入れする事にした。
まずは、ボーボーに生えた髭から手をつけた。

伸びすぎてうまく髭がそれないし、カミソリ負けして肌が痛かったり
処理に時間がかかった。

久々に剃ると、肌のヒリヒリ感も半端じゃなかったが
爽快感も半端じゃなかった。

自分は肌が弱いので、ヒゲを剃ると皮膚がボロボロになるので
どうしたら綺麗に剃れるかを調べたら
暖かい水で顔を洗い、シェーバーを塗るといいと出た。

試したら、少し綺麗に剃れるようになったけど
まだ完璧とは程遠かった。

今後どうしたら、もっと綺麗に出来るかを調べて
色々試してみたいです。

次は、肌の手入れです。不摂生が続いたせいで
顔はニキビだらけなので、普段やらない
洗顔や、化粧水・乳液を使って入念にケアする事にした。

すると、効果はすぐ現れました。
明らかに、ニキビや顔の荒れ具合がマシになりました。

ただニキビ等顔の荒れは、1つの事が原因でなるよりも
様々な要因が複合して、出来る事が多いと思うので
まだまだ改善の余地があると感じました。

最後に、私は歯磨きを徹底する事にしました。
全く磨いてないという程では無かったが
正直サボりがちだった。

朝・夜2回を徹底して歯磨き+マウスウオッシュ+歯間ブラシ
で、劣悪な口内環境の改善に取り組んだ。

・脱毛

この項目の目標は、以下のように設定しました。

脱毛目標 評価
自他ともに認める、ツルツル顔。
自分がある程度納得出来て、他者からも気にならない程度のお髭。
ギリギリ妥協できる範囲のお髭
多少はマシになったが、気になる範囲のお髭。
変わらない・むしろ悪化 ×

現状は△くらいですね
今後色々試して、ツルツル顔になりたいです。(切実)

・肌の手入れ

この項目の目標は、以下のように設定しました。

お肌の手入れ目標 評価
自分が納得できる肌。他人から肌綺麗と言われるレベルのお肌。
鏡見て、あまり気にならないレベル。
少し気になるレベル。
マスクで誤魔化せるレベル。
夜なら誤魔化せるレベル。
顔面クレーター ×

顔は▲、顔以外のパーツは〇~◎といった所かな。
何故か、顔以外のパーツはやたら綺麗なので
何もしなくてもいいが、顔の荒れだけは何故か酷い。

ちなみに顔の評価ですが、何も手入れしてない時は×
洗顔・乳液・化粧水でケアしたら△
運動・睡眠・食事管理の影響で▲になった感じです。
この事から、お肌はトータルケアが大事だと感じました。


・歯の手入れ

この項目の目標は、以下のように設定しました。

歯の手入れ目標 評価
真っ白い歯・ピンクで丈夫な歯茎・口臭微臭か無臭・虫歯ゼロ
虫歯ゼロの健全な歯
少し歯が痛んでるが、ぼちぼちの歯。
見栄えの悪い口内環境
健康を害するレベルのボロボロの歯 ×

私は元々、△~▲くらいの環境でしたが
今は〇の状態になりました。

赤みがかった歯茎が
ピンク色のハリのある状態に変化したり
口臭がかなり改善されたり
虫歯が無くなる程、効果が大きかったです。

ただサボってた時期の影響か、真っ白な歯にはなりませんでした。
今後色々試して、キラッとした歯に仕上げたいなぁ。

筋トレ(自重・可変式ダンベル使用)

 

この項目は別記事で書きます。

 

瞑想(呼吸瞑想取り入れ)

瞑想というと、ピンと来る方は
少ないのではないだろうか。

私も瞑想について、調べるまではよく知りませんでした。

しかし、瞑想の効果を調べると
試してみる価値が有ると思えた。
具体的に書くと

・ストレスの解消になる
・集中量が上がる
・気分が高まる
・心理的機能の改善
・不安や抑うつのなどの感情を落ち着かせる
・睡眠改善になる
・ポジティブシンキングになる

といった効果がある事がわかった。
特に不安や抑うつなどの感情を、落ち着かせるといった効果は
自分にとって、必要なので瞑想に取り組むことにした。

まず私は「呼吸瞑想」という瞑想法を試すことにした。
やり方は、まず目を閉じて座り姿勢を正す。
そして、呼吸に集中する。途中で意識が呼吸からそれたら
それに気づいて、また呼吸に集中するという感じです。

熟練の方は、長時間瞑想が出来るみたいですが
初心者は少ない時間から
始めるといいと聞いたので、試しに1分間瞑想をしてみました。

しかし1分間といえど、呼吸に集中するのは
意外と難しかったです。

すごいどうでもいい事や、悩んでる事とか
考えてしまって、自分ってこんな集中力無いんだなと
驚きました。

しばらく続けると、1分は短く感じたので
3分に増やしました。
1分の時は、集中する前に終わる事が多かったが
3分の時は、いい感じに集中状態に入れた。

これなら5分いけるなと思ったので
5分瞑想を試したら、思いのほか長く感じた。

出来なくはないが、途中で気が散る事が増えたので
5分瞑想を朝・夜やって、瞑想の練習をしています。

10分は、一度試したけど
(今何分くらいだろ・・・?)みたいな事考えすぎて
全然集中出来なかったです。自分にはまだ早かった。

・瞑想

やってみて実際に感じた効果は

・気持ちの切り替えが早くなった
・気分が落ち着く
・頭がスッキリする

の3つでした。
気分が安定するという効果は事前に知っていたが、
気持ちの切り替えが早くなったのは
思わぬ効果でした。

以前なら、嫌な事や不安があった時に
引きずってしまう事が多かったが、格段に切り替えが早くなりました。

こういうネガティブな思考を、繰り返して余計に悪化させる事を
反芻思考」というらしいですが、これの改善に
効果あるんじゃないかなと、半年の瞑想で思いました。

あと、瞑想は1回する分には
恐らく誰でも出来るけど
継続してやるのは、結構難しい。

じっと数分集中するのって、意外としんどかったりする。

なので、もし瞑想を習慣化するなら
短い時間から慣らした方がいいと思いますね。

次に
この項目の目標は、以下のように設定しました。

瞑想時間の目標 評価
長時間瞑想の習慣
10分程の瞑想の習慣
3分~5分程の瞑想の習慣
3分~5分程の瞑想を時々やる
瞑想リタイア・極端にやる頻度が少ない ×

私は、朝・夜5分を時々やるので
自己評価は△~〇といった所でしょうか。
今後の目標は、①毎日出来るようになる。
②10分瞑想が出来るようになる。の2つを目標に頑張ろうと思います!

読書(漫画・雑誌以外)

この項目は別記事で書きます。

減酒(現段階では、禁酒ではない)

お酒を減らすにあたって、まずやった事は
適量を知る事です。調べてみると
ビールだとロング缶一本(500ml)で、日本酒一合、ウィスキーダブル一杯
焼酎グラス1/2杯、ワイングラス2杯弱、チューハイ缶一本とされていた。

私はビールをよく飲むので、ビールの適性量を知る事が大事だ。
現状だと、朝・昼・晩量を考えずに飲んでいたので
最初は朝と昼に飲まないようにした。

これは意外とすぐに出来るようになって、お酒は夕食時のみという習慣が身についた。
ただ量の制限というのが、きつかった
日頃からガブガブ飲んでると、物足りなく感じてしまう。

とはいえ少しずつ変えていかないと、結果は出ないので
まずはロング2本に制限する。

これは何回か続けたら、完璧に抑えられるようになった。

次は、ロング1本+350ml缶に抑える事にした。
この辺りまで減らすと、もっとお酒が欲しい気持ちが出てくる。

が、食事をゆっくり食べたり
飲むスピードを落としたりと、一工夫入れる事により
この飲酒量で満足できるようになってきた。

次は適正量の、ロング缶一本に慣らす事にしたが
私にとって、やや物足りない量なので
いつもこの辺で、自制心との戦いになる。

そこに追い打ちをかけるように、悪いニュースがもう1つ出てきた。
それは、週2日の休肝日が推奨されている事に気づいた事だ。

個人的に量を減らすよりも
丸一日飲めない日が、辛かった
です。

というわけで、週2回の休肝日を守れないなど
うまくコントロール出来ない事もあり
減酒の習慣を身に着けるのは、一筋縄ではいかなかった。

・減酒

この項目の目標はこちら

減酒目標 評価
減酒どころか、禁酒に成功。
週5日適量・休肝日2日を習慣化
週3~4日適量・休肝日1日
週2~3日適量・休肝日0~1日
アル中化 ×

現状は▲といった所ですが、無理して禁酒を目指すよりも
適量を維持出来るよう、うまくやっていきたいです。

私みたいに減酒するよりも
思い切って、お酒断ちに挑戦する方が効果ある人もいそう。
少し飲むとエンジンかかってしまう人は、欲求を抑える
のが厳しいと思うしね。

それくらい、今回の減酒に挑戦して
アルコールは、中毒性があると感じたし
スパっとお酒を減らしたり、辞めるのは簡単じゃないと感じた。

ダイエット

 

この項目は別記事で書きます。

 

今回書ききれなかった、項目はまた別記事で書きます。
それでは!

タイトルとURLをコピーしました